シーショアで芸術散歩

Art - アート

気軽に立ち寄れるギャラリーは、地元アーティストによる個展を月替わりで開催し、地元兵庫の文化を発信しています。
また、館内には、ヴェネチアガラスの巨匠「ルチオ ブバッコ」岡本太郎の「撩乱」をはじめとした一流の美術品を展示。
「よかった、癒された」と感じていただけるよう、心豊かな時間と空間をご提供します。

  • 11月 個展

    11月1日(金)〜30日(土)
    ※最終日は5:00p.m.まで
    休館日/毎週火曜日

    「深緑(奥入瀬)」

    久保則香くぼ のりか水彩画展

    [PROFILE]
    2015年 福崎町美術展 福崎町教育長賞
    2015年 相生市美術展 相生美術協会賞
    2015年 兵庫ふれあい美術展 サンテレビ賞
    2016年 福崎町美術展 奨励賞
    2018年 3人展 たつの市赤とんぼ荘
    2018年 2人展 グランフロント大阪
    個展 イーグレ姫路
  • 12月 個展

    12月1日(日)〜31日(火)
    ※最終日は5:00p.m.まで
    休館日/毎週火曜日 ※12月24日(火)は営業

    氏平源吾
    真鍋令子
    山本雅也

    氏平源吾 ・ 真鍋令子 ・ 山本雅也
    ネオ・アート 三人展

    [ネオ・アート協会について]
    ネオ・アート協会は、具体美術協会解散後、具体美術協会元会員の小野田實氏が、その火を姫路の地で引き継ぐ決意で創立したものである。
    会員は小野田氏の下で育ったメンバーで構成し、コンセプトは 「創造行為は人真似や借物ではなく、その人独自の表現で、常に新しいものでなくてはならない」とした。したがって、表現方法や用いる材料は自由で、個々のメンバーの自主的な創造活動を促し、時と場所を固定せず、伸縮自在にゲリラ的に展覧会を開催してきた。
    展覧会は10回展でピリオドを打ったが、数名のメンバーは、今も活発に活動を続けている。
バックナンバーはこちら

常設アート