海と太陽が映し出す瀬戸内のリゾート空間。


food

ホテル シーショア・リゾートでは地元播磨の豊かな旬の山海の幸を素材を大事にした
調理法でより美味しく皆様に楽しんで頂いております。

【春】揖保川トマト

【春】揖保川トマト

桜鯛と揖保川トマトのブレゼ ブールブランソース

温暖な播磨の気候と清流「揖保川」の伏流水による自然の恵みを受けながら、生産者の技術や工夫により大切に育てられた甘くて美味しい揖保川トマト。当ホテルでは、料理の味や彩りを引き立たせる付け合わせから、スープ、カレー、ソースなど幅広い調理法で、揖保川トマトの美味しさを引き出しています。

【春】瀬戸内産アサリ

【春】瀬戸内産アサリ

瀬戸内旬魚と浅利をバジルの香りで

潮流の速い瀬戸内海で育つため、身が引き締まり風味がよい瀬戸内産のアサリ。水が温む春の到来とともに身が大きくなり、旨みも増します。当ホテルでは、ワイン蒸しやクラムチャウダー、ボンゴレビアンコなどアサリの旨みを存分に味わえる調理法でご提供しております。

【春】太市の筍

【春】太市の筍

国産牛フィレ肉のポワレ 地元野菜と太市の筍を添えて

柔らかくきめ細やかな姫路市太市の筍は、アクが少なく、白くて甘みもあり、「姿は京都の山城。味は太市。」と評されています。当ホテルでは、食感のアクセントや、春の訪れを告げる旬の食材としてご提供させて頂いております。

【夏】播州穴子

【夏】播州穴子

播州穴子のミルフィーユ 山椒の香り

大きな河川から豊富な栄養分を受け、潮の流れもはやい播磨灘で育った播州穴子は、身が引き締まり、臭みが少なく脂が乗っています。 当ホテルでは、焼く、煮る、蒸す、揚げるなどの調理法を基本とした、播州穴子の創作料理をお愉しみいただいております。

【夏】播磨灘の蛸

【夏】播磨灘の蛸

播磨灘の蛸の旨煮

播磨灘は潮流が速く、また蛸のエサとなる甲殻類や二枚貝が多く生息します。そんな恵まれた環境で育った蛸は、身が引き締まり、旨みも凝縮されています。 当ホテルでは、カルパッチョや天麩羅、蛸めしなど、蛸の旨みを存分に味わっていただける調理法でご提供しております。

【夏】綾部の梅

【夏】綾部の梅

鱧の湯引き 綾部の梅を添えて

「ひと目2万本」といわれる梅の花が咲き誇り、西日本一として知られる綾部山梅林の梅。梅干し作りには赤穂の塩も使われています。 当ホテルでは、ソースやたれ、デザートに至るまで幅広いスタイルで御津町の特産品の味をお愉しみ頂いております。

【春・秋】瀬戸内産鯛

【春・秋】瀬戸内産鯛

瀬戸内産紅葉鯛のポワレ
 茄子のピュレ添え 白ワインソース

瀬戸内の激流に揉まれ引き締まった極上の身を持つ鯛。 春先から初夏にかけて水揚げされる姿が美しいことから「桜鯛」と呼ばれたり、秋には脂が乗り、赤みを増すことから「紅葉鯛」と呼ばれ、珍重されています。 当ホテルでは、新鮮な刺身でいただくのをはじめ、和・洋問わず幅広い調理法で瀬戸内の鯛を堪能して頂いております。

【秋】瀬戸内産シャコ

【秋】瀬戸内産シャコ

蓮根団子とシャコのきのこ杏かけ

波の穏やかな瀬戸内海はシャコの一大産地で、秋頃には身が詰まり、味も濃厚になります。瀬戸内産のシャコは、地元の秋祭りには欠かせない食材として人気です。 当ホテルでは、旬である秋頃に和食の創作料理としてご提供しています。

【冬】姫路レンコン

【冬】姫路レンコン

瀬戸内産鰆の塩焼きと姫路レンコンのチップス

地下水位が高く、低湿地帯で泥地や粘土質の土壌である姫路市大津区官兵衛地区を中心に採れる姫路れんこん。将軍様にも献上されていたことでも有名です。 アクが少なく甘みがあり、歯触りがよいのが特徴で、見た目が白く形も美しいため、当ホテルでは、食感のアクセントとして和食を中心にお愉しみ頂いております。

【冬】室津牡蠣

【冬】室津牡蠣

牡蠣ごはん

千種川・揖保川がもたらす豊富な栄養分の恩恵を受ける室津漁港で、丸々と太った良質な室津牡蠣。「海のミルク」や「山のしずく」と呼ばれるほど栄養価が高い牡蠣。 当ホテルでは、毎年12月~3月まで室津牡蠣フェアと題し、牡蠣フライや焼き牡蠣、牡蠣ごはんなどさまざまな調理法で、クリーミーで濃厚、甘みたっぷりの室津牡蠣をお愉しみいただいております。

【通年】揖保の糸

【通年】揖保の糸

播磨の幸の天麩羅 綾部の梅たれ

揖保川を中心とした清流、赤穂の塩、良質の小麦を原料とし、熟練した職人が伝統の製法で幾度も熟成を重ねながら作った手延べそうめん「揖保の糸」。 当ホテルでは、細くて長い「揖保の糸」を縁起物とし、婚礼メニューでお祝いの席に華を添えております。

【通年】龍野淡口醤油

【通年】龍野淡口醤油

焼鱧と秋茄子の柚子胡椒杏

「色をつけずに味をつける。」これが龍野淡口醤油で、和食には欠かせない調味料。揖保川の伏流水と良質な国産大豆、国産小麦を使い、昔ながらの天然醸造でじっくり熟成させた、味と香りが豊かな醤油です。 当ホテルの出汁にはすべてこの龍野淡口醤油を使っており、深い味わいの醤油が素材の味をより一層引き立ててくれています。

  • 景 - landscape
  • 史 - history
  • 食 - food
  • 季 - nature
  • 遊 - leisure